FXで毎日ラクラク勝った

FXで楽勝です。  FXはそんなむずかしくありません。

Third Plugin On/Off
 
 
ブログランキング
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
プロフィール
 

萌

Author:萌
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
--年--月--日

スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2009年07月23日

投資信託の〇と×

 

投資信託の〇と×
投資信託の〇と×
価格: 756円
販売元: 楽天ブックス

だまされないファンド選びのQ&A 100宝島社新書 著者:鈴木雅光出版社:宝島社サイズ:新書ページ数:231p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)知らないから儲からない!人気の金融商品「投資信託」の選び方、買い方、売り方の基本。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 投資信託とはどんなものか/第2章 投資信託にはどんな種類があるのか/第3章 投資信託の選び方/第4章 投資信託の買い方/第5章 投資信託の持ち方/第6章 投資信託の売り方/付録 ゆうちょの投資信託【著者情報】(「BOOK」データベースより)鈴木雅光(スズキマサミツ)JOYnt代表。1967年、横浜生まれ。岡三証券、公社債新聞社などを経て、2004年に有限会社JOYntを設立、代表となる。マネー誌、一般誌などへの寄稿のほか、出版プロデュース、番組プロデュース、テレビ出演、イベント企画なども手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

スポンサーサイト
 
 
 

柴田法則ー驚異の株投資術
柴田法則ー驚異の株投資術
価格: 1,575円
販売元: 楽天ブックス

ローリスク・ハイリターンは実現できる 著者:出島昇出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:237p発行年月:2003年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)著者は、「柴田法則」というテクニカル分析をベースに、これに相場のエネルギー観測とファンダメンタル分析を合わせた、独自の「出島式株式投資実践術」を駆使し、過去3年、平均して勝率8割という連戦連勝の株式投資を続けている。本書では個人投資家に、株式投資をローリスクなものにするさまざまな投資姿勢と、決して他人任せにせずにすむ、チャート分析(柴田法則)とファンダメンタル分析の重要なポイントを紹介する。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 株式投資で資産形成する時代がやってきた(株式投資がハイリスクになる理由/こうすれば、株式投資は怖くない)/第2章 今こそ、投資戦略の大転換を図るべきとき(現在の大局相場をどう読みきるかが基本/この株価上昇は、リバウンド相場にすぎない! ほか)/第3章 出島式株式投資実践術と柴田法則(柴田法則の基本を知る/柴田法則を現代に生かす出島株式投資実践術)/第4章 ローリスク・ハイリターンをどう実現するか(ファンダメンタル情報に関する問題点/柴田法則はソニーショックを予測したのか ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)出島昇(デジマススム)1949年長崎市生まれ。九州大学大学院経済学研究科博士課程修了。長年勤めた地元の流通関連会社を退職後、98年、投資顧問会社、オフィス出島を設立。現在、大学講師として活躍する傍ら、柴田罫線を紹介する「出島昇の勝ち続けるための実践セミナー」を開催するなど「柴田法則」の第一人者として精力的な活動を展開している。2003年3月、清光経済研究所と業務提携を結ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
 

スマートマネー株式投資戦略(2007年版)
スマートマネー株式投資戦略(2007年版)
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

お金持ちだけが知っている 著者:中丸友一郎出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:202p発行年月:2007年01月この著者の新着メールを登録する世界銀行、JPモルガンの元エコノミストが、新年の日本経済と日本株の行方を予想。ポスト小泉の新経済政策は? 米国中間選挙の影響は? 朝鮮半島や中東情勢のリスクは?【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ 世界がみえる、日本がみえる(われわれは今どこにいるのか?どこに向かっているのか?/二〇〇七年前半の株価調整によってチャンス到来か?)/第1章 世界経済の長期成長は不死身(二〇〇五年超強気相場を検証すると/セクター別株価リターン ほか)/第2章 二〇〇七年金融市場の予想シナリオはこうなる!(ワシントン・コンセンサス/米国住宅バブルがヤバイ ほか)/第3章 スマートマネーの株式投資発想法を理解せよ(株式投資七つのルーツ/日本株全体は成長株ではなく、世界の景気循環株と認識すべし ほか)/第4章 あなたの二〇〇七年投資戦略はこれだ!(世界成長とグローバライゼーションの波に乗る/良い銘柄、悪い銘柄をただちに識別する「リトマス・テスト法」 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)中丸友一郎(ナカマルトモイチロウ)1978年一橋大学経済学部卒業(最終学歴、米国ジョージ・ワシントン大学大学院経済学部博士課程修了)、日本輸出入銀行(現国際協力銀行)入行。1987年世界銀行(米国ワシントンDC)にヤング・プロフェッショナルとして入行、1996年米国リーマン・ブラザーズ証券日本エコノミスト、1997年米国JPモルガン・アセット・マネジメント・インク主席日本エコノミストを経て、2000年(株)マクロ・インベストメント・リサーチを設立。現在、同社社長チーフエコノミスト。日本と世界経済・金融および証券投資(株式、債券、為替、日経255先物・オプション)に関するコンサルタントとして活躍中。「世界金融市場ウィークリー」および「世界金融市場マンスリー」をウェブベースで定期発刊。朝日カルチャーセンター(新宿)を中心に株式投資や経済金融市場展望等セミナーを多数開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
2009年07月14日

JーREIT投資のすべて

 

JーREIT投資のすべて
JーREIT投資のすべて
価格: 2,625円
販売元: 楽天ブックス

著者:森島義博/小林亨出版社:金融財政事情研究会/きんざいサイズ:単行本ページ数:210p発行年月:2004年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)投資信託・不動産両メリットをはじめ、各種制度上の恩典から明らかである優れた商品性、さらには投資判断のもととなる情報やリスク、専門用語について、わかりやすく解説した待望の実務書。【目次】(「BOOK」データベースより)1 不動産の証券化とJ‐REITの関係(不動産の流動化・証券化の必要性/不動産の証券化の基本的な仕組み ほか)/2 J‐REITの仕組み(商品コンセプト/J‐REITの仕組み ほか)/3 J‐REITの開示情報(開示資料/J‐REITのIPO(Initial Public Offering、新規公開) ほか)/4 J‐REITの財務・損益構造(J‐REITの財務構造/J‐REITの損益構造)/5 J‐REITの証券分析と基本用語(J‐REITの投資尺度/不動産関連用語)【著者情報】(「BOOK」データベースより)森島義博(モリシマヨシヒロ)三菱信託銀行不動産コンサルティング部専門部長。不動産鑑定士。慶應義塾大学法学部政治学科卒。国土交通省国土審議会不動産鑑定評価部会専門委員。明海大学不動産学部非常勤講師。社団法人東京都不動産鑑定士協会副会長。首都高速道路公団補償審議会委員。東京都・港区・品川区・太田区財産価格審議会委員小林亨(コバヤシトオル)三菱信託銀行不動産コンサルティング部研究員。不動産鑑定士。東京大学工学部都市工学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
 

Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる
Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる
価格: 1,890円
販売元: 楽天ブックス

著者:井上義教/オスピス出版社:同友館サイズ:単行本ページ数:164p発行年月:2007年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)勝負は5分5分であるにもかかわらずどうして負けてしまうのか、その根本的な原因にスポットライトを当て、どうすれば勝ち組投資家になれるのか、そのためには何が必要なのか、システムトレードをどのように利用していけばよいのかを明らかにした。【目次】(「BOOK」データベースより)「心理的偏向」によって損をする/「心理的偏向」を排除する仕組み/テクニカル分析/「心理的偏向」を排除するシステムトレードとは/システムトレードを作ってみよう/「負け組投資家」から「勝ち組投資家」へ【著者情報】(「BOOK」データベースより)井上義教(イノウエヨシノリ)1964年東京都生まれ。1988年大阪大学経済学部卒業、同年大和銀行入行。1991年よりロンドンの証券現法にて為替・債券のディーリング業務に従事するのを皮切りに、2003年に退社するまで為替・債券・スワップ市場を歴任、チーフディーラーとしてチームを統括した。現在、「個人投資家が負けないためのツール」であるシステム売買の啓蒙を行うため、株式会社オスピスのチーフアナリストを務める。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
 
 
相互リンク
 

このブログをリンクに追加する

 
 
QRコード
 

QRコード

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。