FXで毎日ラクラク勝った

FXで楽勝です。  FXはそんなむずかしくありません。

Third Plugin On/Off
 
 
ブログランキング
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
プロフィール
 

萌

Author:萌
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
--年--月--日

スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2009年01月29日

投資事業組合とは何か

 

投資事業組合とは何か
投資事業組合とは何か
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

その成り立ち・利益配分・法的位置づけから活用法まで 著者:田中慎一/保田隆明出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:194p発行年月:2006年08月この著者の新着メールを登録する投資事業組合ってなんだろう?ライブドア事件、村上ファンド事件で一躍有名になった投資事業組合ですが、その存在自体は合法です。企業にとっても、投資事業組合を活用することで、経営戦略のオプションが増えます。しかし、一般には、その実態と法的位置づけについて、あまりよくは知られていません。投資事業組合の仕組、活用法、法的な制約を解説します。【内容情報】(「BOOK」データベースより)投資事業組合が悪いわけではありません。儲ける仕組み、誰が運営しているのか、そして、法規制の行方を、現場を知る著者が解説。投資ファンドと投資事業組合って違うもの?組合と株式会社ってどう違うの?どんな人が投資事業組合に係わっているの?など、素朴な疑問にわかりやすく答えます。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 投資事業組合って、何なの?/第1章 投資事業組合の正体/第2章 投資事業組合の仕組みと機能/第3章 投資事業組合への新しい法規制/第4章 投資事業組合の契約関係のポイント/第5章 投資事業組合の実際【著者情報】(「BOOK」データベースより)田中慎一(タナカシンイチ)株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役。1972年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。KPMGセンチュリー監査法人(現・あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券、港陽監査法人を経て現職。大和証券SMBC、UBS証券では主としてM&Aのアドバイザリー業務に従事保田隆明(ホウダタカアキ)ワクワク経済研究所LLP代表。1974年生まれ。早稲田大学商学部卒業。リーマン・ブラザーズ証券、UBS証券、LifeOn株式会社代表取締役、ネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社執行役員(役資事業組合組成・運営担当)を経て現職。また、日テレNEWS24「まーけっとNavi」、テレビ埼玉「ビジネスウォッチ」を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

スポンサーサイト
 
 
 

福利厚生・現物給与の税務(平成16年版)
福利厚生・現物給与の税務(平成16年版)
価格: 1,799円
販売元: 楽天ブックス

源泉所得税の取扱いを完全網羅 著者:丸田均出版社:大蔵財務協会サイズ:単行本ページ数:246p発行年月:2004年06月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 総論(給与所得に対する源泉徴収(概要/給与所得/特殊な給与等/経済的利益(現物給与)))/第2部 質疑応答(特殊な給与等・経済的利益に関するQ&A(給与所得/非課税所得/経済的利益))【著者情報】(「BOOK」データベースより)丸田均(マルタヒトシ)関東信越国税局課税第二部法人課税課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> マネープラン> 税金

 
 
 

四方田先生の「株式投資テクニカル分析」の教科書
四方田先生の「株式投資テクニカル分析」の教科書
価格: 2,940円
販売元: 楽天ブックス

個人投資家・デイトレーダー必読の書 著者:四方田勝久出版社:アスカビジネスカレッジ/長崎出版サイズ:単行本ページ数:363p発行年月:2005年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)テクニカル分析の権威四方田勝久先生が、テクニカル分析のなかでも要といわれている日柄・値幅について20年以上にわたる実証と経験を踏まえ解説する。とくに日柄の考察についての本は四方田先生の本をおいて他になく、株式投資家にとっては貴重な教科書となる。個人投資家、デイトレーダーにおくる分析用教科書の決定版。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 実践値幅の研究(一目均衡表 私の推論/三段高下の理論…三段上げの三段下げ/トレンド・ライン分析/移動平均線の研究 ほか)/第2部 実践日柄の研究(日柄分析は、なぜ必要か/日柄の研究…基礎編/日柄研究における「一目均衡表 私の推論」/日柄の数値 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)四方田勝久(ヨモダカツヒサ)昭和23年生まれ、昭和63年ユニバーサル証券池袋支店長、平成5年同社退社。平成6年チャート分析研究所(有)ヨモコーポレーションを設立、日経新聞系列QUICKに個別銘柄分析情報を提供中。日本テクニカルアナリスト協会元副会長/検定会員。現在、アスカビジネスカレッジ講師として、個人投資家向けにテクニカル勉強会、銘柄研究会などを開催中。また証券会社などの講演会も数多くこなし、検証に基づいた明解な解説・的確な分析には多くのファンを持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
 

ETFではじめる海外投資スタートbook
ETFではじめる海外投資スタートbook
価格: 1,299円
販売元: 楽天ブックス

上場投信角川SSCムック出版社:角川・エス・エス・コミュニケーションズサイズ:ムックその他ページ数:96p発行年月:2007年09月海外投資スタートBOOKETF 上場投信目次巻頭インタビューディビットA.コリンズさんが語る外国投資のススメ……2スペシャル対談山崎元さん(楽天証券経済研究所客員研究員)竹川美奈子さん「日本にもETFの時代がやってきた!」………6特別企画マンガでわかる「海外ETFはじめて物語」…10Part 1海外ETFの基礎知識魅力1 日本に居ながら世界が買える! ………………16魅力2 コストが安い!………………………………………18魅力3 リアルタイムで売買可能!………………………20仕組み1 インデックス投信との違いは? ………………22仕組み2 長期投資で多彩なニーズに応える……………24コラム1「海外ETFを売買できる証券会社はごくわずか」……………………………………………………………26Part 2日本で売買できる海外ETF●米国市場に投資するダウ工業株30種、S&P500 ………………………………28ナスダック、中小型株………………………………………30●世界に投資する先進国21カ国……………………………………………………32新興国25カ国……………………………………………………34●BRICsに投資する中国本土株………………………………………………………36香港H株、レッドチップ……………………………………38ブラジル、インド………………………………………………40(ステート・ストリート投信投資顧問商品企画担当)●アジア周辺国に投資する韓国、台湾………………………………………………………42●VISTA諸国に投資する南アフリカ………………………………………………………44●グローバル・セクターに投資する一般消費財関連、エネルギー関連など…………………46ヘルスケア関連、資本財関連など………………………48公益事業関連、テクノロジー関連など…………………50●特殊分野に投資するバイオテクノロジー、好配当株など……………………52●債券指数に投資する債券総合指数、物価連動債券指数………………………54●コモディティに投資する商品指数…………………………………………………………56コラム2「香港ETFの売買手数料で、一番安いのはどこ?」……………………………………………………………58Part 3ADRの基礎知識仕組みと魅力1 ADRが人気のワケ……………………60仕組みと魅力2 投資が難しい市場の個別銘柄を狙う62仕組みと魅力3 ADRの仕組みとその種類………………64コラム3「ADRに投資できる証券会社とは?」………66Part 4日本で買えるADR●BRICsに投資する中国本土…………………………………………………………68インド……………………………………………………………70ブラジル、ロシア………………………………………………72●その他の新興国に投資する南アフリカ、台湾、韓国……………………………………74●先進国に投資する英国、フィンランド、フランス、ドイツ、米国……76香港、オーストラリア、イスラエル、オランダ、スペイン、スウェーデン、スイス………………………78コラム4「欧州に投資できるETFは?」………………80Part 5海外ETFとADRの売買方法●海外ETFとADRの売買を始める証券口座を開設する………………………………………82ホームページから注文する………………………………84「マーケットスピード」で注文する…………………86情報の収集方法………………………………………………88●売買にかかるコストと税金…………………………90●海外ETFとADRのリスク価格変動リスク、為替変動リスクなど………………92投資対象の株価とのズレ…………………………………94(ファイナンシャルジャーナリスト)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
 

資産運用、投資のプロはこう考えている
資産運用、投資のプロはこう考えている
価格: 1,785円
販売元: 楽天ブックス

いますぐ始める自分とお金の成長戦略 著者:加藤康之出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:205p発行年月:2006年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書では、機関投資家の最先端の資産運用手法をベースにして、個人投資家のための中長期的な資産運用手法をやさしく解説しています。【目次】(「BOOK」データベースより)貯蓄から投資への大転換?少子高齢化時代の資産運用入門/リスクを取らないことが最も危険?人生とALMの考え方/金融資本市場の基本原理を学ぶ?フリーランチはない/資産運用の基本:「分散投資」を学ぶ?現代ポートフォリオ理論入門/資産運用プロセスを学ぶ?プラン・ドゥー・シーの実践/資産配分の重要性を学ぶ?投資リターンの9割を決める資産配分/資産配分の具体的な決め方を学ぶ?ALMと資産配分/ポートフォリオ・ストラクチャーの構築方法を学ぶ?コア・サテライト構造とパッシブ運用/ポートフォリオにも「スタイル」があることを学ぶ?アクティブ運用とスタイル管理/金融商品を学ぶ?金融商品選択の着眼点/ポートフォリオの調整方法を学ぶ?リバランスによるパフォーマンスアップ/自分の成長とお金の成長はセットで計画することを学ぶ?人的資産時代の資産運用法/資産運用は反省により成長することを学ぶ?運用評価とポートフォリオの再構築/投資家心理に惑わされない智恵を学ぶ?行動ファイナンス理論入門/小額でできる資産成長戦略を学ぶ?ドルコスト平均法投資による資産形成【著者情報】(「BOOK」データベースより)加藤康之(カトウヤスユキ)野村證券株式会社執行役、金融経済研究所金融工学研究センター長。京都大学経済研究所客員教授。東京工業大学大学院修士課程修了。1980年代後半以降、日本で始まった金融技術革命の発展を担ってきた第一世代であり、一貫して日本の金融工学の第一線で活躍してきた。シカゴ、ニューヨーク、ロンドンと海外勤務も豊富であり、海外の機関投資家や金融工学研究者とのパイプも太い。長年、リスクマネジメントや資産運用のコンサルティングに従事しており、常に最先端の資産運用技術の研究に携わってきた。最近は、個人投資家の投資教育にも力を入れており、京都大学経済研究所でも金融工学理論を担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
 

これなら勝てる究極の低位株投資
これなら勝てる究極の低位株投資
価格: 2,940円
販売元: 楽天ブックス

FAI投資法実践編パンローリング相場読本シリーズ 著者:林知之出版社:パンローリングサイズ:単行本ページ数:225p発行年月:2001年11月この著者の新着メールを登録する個人投資家に評判だった『究極の低位株投資術FAI投資法』の続編がついに登場した。  FAI投資法の優れた点は次のようなもの。「1.ルールが系統立っている」「2.低位株に限定しているので、具体的な目的が明確」「3.資料の量は多いが種類は少なく、シンプル(迷いがない)」である」「4.低位株を買って儲ける投資法でありながら、カラ売りを取り入れている」 そして、これらをひとまとめで表現すると、極めて実用性が高いということになる。 いくら理論が立派でも、現実の相場は生身の人間が悩みながら行うのだから、やり方や考え方が複雑だと実際に実行することは困難である。シンプルで使いやすくなければならない。それが投資法に求められる実用性である。  一般のアマチュア投資家の中から多くの成功者を輩出したFAI投資法を学び、自分自身の取り組み方を見直す好機となる一冊。【内容情報】(「BOOK」データベースより)“うまい話”をフトコロに入れるためのFAIの実践ノウハウ(選定銘柄事例つき)。マーケットに隠れた、ほんとうのお宝を見つける投資法。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 FAI投資法と投資クラブ/第2章 FAI投資法を実践するための心得と道具/第3章 FAI投資法を実践するための売買ルール/第4章 売買の核心となる「利食い」/第5章 FAI投資法のカラ売り/第6章 実践力を身につけるためのポイントと注意/第7章 新しい時代のFAIの分析方法/第8章 実践のためのケーススタディ【著者情報】(「BOOK」データベースより)林知之(ハヤシトモユキ)1963年生まれ。林投資研究所の林輝太郎は著者の実父。そのような環境から幼少の頃より、投資・相場の世界に身をおいてきた。FAIクラブ発足時からのメンバーでもある。これまで株式投資の実践で成果をあげながら、独自の投資哲学を築き上げてきた。現在は投資顧問会社「林投資研究所」を経営。FAI投資法を中心に投資家に売買のアドバイスを行っている。また、セミナーの講師や、インターネットホームページなどでも精力的な活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

 
 
 
 
相互リンク
 

このブログをリンクに追加する

 
 
QRコード
 

QRコード

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。